よるのとびらをひらく方法

兄(Dancer) + 妹(Designer) のブログです。

だるま

f:id:yorutobi:20150429184319j:plain

全てが終わったら

髪を切る

あと映画を見る

あと会いたいひとに会う

あとモネを見に行く

そうモネ!

モネ展が始まる

9月19日から

久しぶりの大きい展覧会

楽しみで楽しみで

こんなに楽しみなことがあってよかったなぁ

って

しみじみ思う

 

 

すりぴてか

f:id:yorutobi:20150901122550j:image
巨大なとり
名前を
「すりぴてか」
という
トピスカ語で…
なんだっけな
オウムだか
正体不明の
かわいこちゃん

カーテンさる

f:id:yorutobi:20150321172927j:plain

I Am Theyというバンドを聴いている

こんな雨の夜に合う

晴れた日の雨にも合う

外に駆け出して行って

雨のシャワーを浴びたくなるような

そんな歌が詰まっている


フンデルトヴァッサー

f:id:yorutobi:20150818143531j:image
本当はもっと知的で
優しい顔をしているのですが…
ひたすら怪しい雰囲気を醸し出しているのは
画力のなさか
f:id:yorutobi:20150818143756j:image
少し描き直しました
大層立派な名前を持ったわんさんです
絶妙な位置にいつもいるので
驚きのあまり1.5m飛び退いた方もいらっしゃいます
本人はいたって物静かなのですがね

ハンプティダンプティ

f:id:yorutobi:20150429184252j:plain

わたしも、

絵本屋さんも、

夏休み。

暑いとき

休みを取るのは先人の知恵。

しみじみ思う。

がおー

f:id:yorutobi:20150321173010j:plain

暑い

何が心配って

家の中の植物たち

くたーってなってる

ムリーって悲鳴が聞こえそうなほどぐったり

でも外で直射日光に当てたらそれはそれで

いっぺんにダメになってしまうし...

そう思うと兄のガジュマルと

わたしのセンペルビウムは本当に強いなぁ

マサイの矢尻と熊童子がどうかこの夏越しますように。。。

 

惑星

f:id:yorutobi:20150804174654j:image
夏に一番気持ちいいのは何か
僕の経験では
刈りたての頭で
プールに飛び込むこと
そう思い
今年初の市民プールにえいやっ
と飛び込んだところ
壮絶にぬるかった
というお話

コンニチハ

f:id:yorutobi:20150404174236j:plain

また行っちゃいました、

江戸東京たてもの園

どこ行きたい?って聞かれるとついね。

わたしにとってのディズニーランド。

何回でも行けるし何時間でもいれる。

さすがに暑かったけど、

でもやっぱり好きだ。

 

こけっこう

f:id:yorutobi:20150726120646j:image
うしろにいるのだあれ
暑い日が続きます
溶けそうです
ホットケーキが焼けそうですね

読書をするサル

f:id:yorutobi:20150613164200j:plain

最近一番びっくりしたことと言えば又吉が芥川賞を取ったこと。

すごいなぁ。

今なかなか手に入らないようだけど

わたしは文学界に載ったときに早々に読んでいるのです。

又吉と言えば太宰治が好きなことで有名ですが

前に何かのTVで、

心に残った太宰の小説の一文を読み上げていたことがありました。

その一文が、わたしが昔気に入って書き留めていたものと全く同じで。

オー!となりました。

又吉もいいと思ったん?やっぱり?

みたいな。親近感が湧いちゃってね。

 

さて、これがその一文です。

 人間のプライドの窮極の立脚点は、あれにも、これにも死ぬほど苦しんだ事があります、と言い切れる自覚ではないか。

『東京八景』太宰治

 

ここまで書いてから思い出しちゃったけど

わたし前にもこのことブログに書いている。。

後ろの窓 - よるのとびらをひらく方法

『東京八景』太宰治32歳、いろいろ感じることがあるのです。